本のすすめ 時々ひとりごと

横松心平オフィシャルブログ

Book essay

澤田智洋『ガチガチの世界をゆるめる』百万年書房

投稿日:

「この社会全体をもっとゆるめたい」

著者のメッセージはこれに尽きます。そのために、「ゆるスポーツ」や「ゆるミュージック」というものを発明・開発しているとのこと。

 確かに、日本は凝り固まっていますよね。
 同調圧力は強いし、社会的弱者に厳しいし、前例を踏襲することに重きを置くし、、、

 そんな中で生きづらくなっているとしたら、自分ではなく社会を変えよう、という爽やかでまっとうな考えが述べられています。

ゆるスポーツ、めちゃめちゃ楽しそうです。
https://yurusports.com

ゆるミュージック、楽器の演奏って、いいものですね。
https://yurumusic.com

 息子さんの障害をきっかけに、猛烈に考え、オリジナリティのとても高い思想を生み出し、実行に移している澤田さんの生き方は、読者に元気を与えてくれます。

 個人的には、「働くをゆるめる」の章にグッときました。ゆるい職業観のもとでは、もっと、ゆるゆるとした、自分に向いた天職があるのかもしれませんね。

 思っていた以上に、実は、社会だけでなく、自分の頭の中も、ガチガチになっていたのかもしれません。もっと緩く、ハッピーに生きていきたいです。

澤田智洋『ガチガチの世界をゆるめる』は、「幸せに生きたい」あなたのための本です。

-Book, essay
-

Copyright© 横松心平オフィシャルブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.