本のすすめ 時々ひとりごと

横松心平オフィシャルブログ

Book literature Mystery

ピエール・ルメートル著、橘明美訳『僕が死んだあの森』文藝春秋

投稿日:

ピエール・ルメートルといえば、『その女アレックス』で鮮烈な登場をしましたが、ぼくはどうも好きになれなかった。びっくりさせられたし、面白かったんだけれど、どうしてもショッキングな描写が苦手なのだ。でも、あの物語の転換は確かにすごかった。

その点、『監禁面接』はよかった。やっぱりすごい転換があったし。おじさんが頑張る話だし。
だけど、僕の一押しは、この『僕が死んだあの森』だ。

ルメートルの文学色が、少しだけ強めに出ていて、でも、サスペンス性もあってドキドキさせられる。そして切ない幕切れ。失われてしまったものへの哀切。
つまりは、青春小説なんだな。
ちっとも爽やかさはないんだけど、極上の青春小説です。
エンターテイメントに徹した作風もあり、切ない作風もあり、底力のある作家ですね。

そして題名が名訳ですね。読み終わった人にはわかる、とてもいい題名です。原題よりもいい。

現時点では、僕のルメートルベストです。

-Book, literature, Mystery

Copyright© 横松心平オフィシャルブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.