本のすすめ 時々ひとりごと

横松心平オフィシャルブログ

Book Mystery

ジョセフ・ノックス『笑う死体』新潮文庫、池田真紀子訳

投稿日:

 悪漢小説というジャンルがありますね。悪者が主人公。
 もちろん、ただの悪人で嫌なやつだったら感情移入できません。
 犯罪に手を染めているけど、筋の通った人であったりと、魅力的な人物じゃなきゃ面白くありません。
 この本の主人公は、エイダン刑事です。彼を主人公としたシリーズ2作目。
1冊目のタイトルはなんと「堕落刑事」です。
 評判の悪い刑事で、しょっちゅう感情に流されてしまうけど、でも彼が肩入れして共感しているのは、、、

 そんな複雑で気になる主人公が活躍しながら、最後には名探偵ぶりを発揮して謎解きをしてくれるのです。ミステリー好きにはたまらない、大トリックが待っています。

ジョセフ・ノックス『笑う死体』は、「アクション映画のような展開と本格的な謎解きの両方を楽しみたい欲張りな」あなたのための本です。

-Book, Mystery

Copyright© 横松心平オフィシャルブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.